20.1.13

The Message of the Wind Project 風の伝言プロジェクト



参加させていただいている風の伝言プロジェクトの絵画が高松市塩江美術館で展示されています。

今年の春、香川県善通寺市にある香川小児病院と善通寺病院が統合され、「国立病院機構四国こどもとおとなの医療センター」が開院します。
新しく開院する病院は全国でも珍しい、ホスピタルアートを全面的に取り入れた病院です。
風の伝言プロジェクトはその医療センターでのアートプロジェクトと連動したプロジェクトで、全国127名の画家や美術を学ぶ学生に制作を依頼した300点の絵画作品をあつめたものです。今回、塩江美術館では約80点が展示されています。

集められた絵画は、外から吹いてくるやさしいそよ風。病室などに飾られるそうです。
制作のお話を頂いたとき、 とても素敵なプロジェクトに二つ返事でお受けしました。
患者さんやそのご家族、病院の先生に飾られた絵を見て癒されたり、和んでもらえたらいいな。

わたしも子どもの頃、絵をみてすごくしあわせな気持ちになることがありました。
じぶんがそうさせてもらったように、今度はまわりの人たちにしあわせな気持ちになってもらえたら。。本当にしあわせです。^^
2月3日まで開催していますので、是非お越し下さい。



今回5枚描かせていただき、この絵が展示されています。
鑑賞された方が好きな絵にメッセージを書けるようになっていて
わたしの絵にもいくつかメッセージをいただいていました。
「焼きたてのパンを手にとったときのような気分になりました」という言葉があって
わたしもそれを読んでこころがほっとあたたたまりました。ほっこり。 ^^

またこのプロジェクトがご縁で、同病院の児童心療内科「子どものこころ心療ネットワーク」のHPイラストを描かせていただきました。
 いろいろな思いを胸にこのHPを訪れる方が少しでもほっと安心できますように。